文字サイズ

阪神・清水ヘッドコーチ、鯉倒へ頭脳フル回転 !侍帯同へ安芸から移動

 明るく楽しく指導する阪神・清水雅治ヘッドコーチ(奥左から2人目)
1枚拡大

 「阪神秋季キャンプ」(5日、安芸)

 清水ヘッドコーチが5日、秋季キャンプの第1クールを終え、来季に向けての手応えを口にした。「雰囲気良くないですか?」。侍ジャパンに帯同するため、安芸を一足先に離れたが、継続をテーマに残りクールを託した。

 明るい声が飛び交う南国・安芸。清水ヘッドも声を張り上げ、若虎たちを熱く指導した。根底にあるのは「コーチが喜ぶのではなくて、選手がやる気でやってくれて、内容を分かってやってくれればいい」という思い。さらなる成長を期待するのには、テレビで見た難敵の姿があった。

 「広島はピッチャーがいいですよね。この投手陣をうちのバッターたちがどう打てるのかなという目で見ていましたね。特に後ろの外国人3人と抑え。あそこを出さないような展開にしないと苦しいよなというね」

 セ・リーグ覇者の強さに改めて触れ、気持ちを入れ直した。「相手の特徴を見るのはキャンプで映像を見たりですね。広島に追いつけるように、うちが頑張りましょうという話ですね」と結んだ。来年の秋に笑うために。タテジマの参謀役がチームを離れても、頭をフル回転させる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス