文字サイズ

新監督に矢野燿大氏が正式決定「いろいろ悩みましたがやらせて頂く」

 監督就任要請を受託し取材に応じる矢野燿大氏(撮影・山口登)
監督就任要請を受託し、会見場に入る矢野燿大氏=西宮市内の球団事務所(撮影・山口登)
監督就任要請を受託し、心境を語る矢野燿大氏=西宮市内の球団事務所(撮影・山口登)
3枚3枚

 阪神の新監督候補として、球団から就任要請を受けていた矢野燿大2軍監督(49)が15日、兵庫・西宮市内の球団事務所で会見を開き、正式に受諾する意向を明かした。

 「いろいろ悩みましたけど、タイガースの監督をやらせていただくことにしました」

 今月11日、金本知憲監督(50)の電撃辞任が決まり、球団は後任候補として矢野2軍監督に一本化。フェニックス・リーグに参加し、指揮を執っていた13日、宮崎市内で揚塩健治球団社長(57)から、正式に就任要請を受けていた。だが、同2軍監督はこの時点で態度を保留。14日の朝、一時帰阪し、家族らにも相談。その上で同日に球団事務所で再度、交渉の席に着いていた。

 その後、取材にも対応し、「球団からお願いしたいという気持ちはすごく伝わっている」とした上で、受諾か否か揺れる心を明かしていた。「あまりにも時間がなさすぎて。でも明日、結論を出す」と自ら期限を決め、最終的には就任する覚悟を決めた。

 矢野2軍監督は金本監督の要請を受けて、2016年に1軍作戦兼バッテリーコーチとして入閣。今季は2軍監督に転任し、「超積極的」をスローガンに選手の可能性を広げることに力を注いだ。結果、リーグ新記録のチーム盗塁数163を記録。就任1年目からウエスタン・リーグ優勝、ファーム日本一にも輝いた。球団内でもその手腕は、高く評価されている。

 現役時代は、1998年に中日からトレードで阪神に移籍。2003年は星野仙一監督、2005年には岡田彰布監督の下で正捕手として、2度のリーグ優勝にも貢献した。右肘の故障もあって2010年に現役引退を表明。熱いプレーと甘いマスクでファンからも絶大な人気を誇り、誠実なプレースタイルは上下問わす選手からの信頼も厚かった。

 金本監督の電撃辞任からわずか4日、矢野新監督の誕生となった。今シーズン、17年ぶりに最下位に転落したチームは、来季の再浮上に向けて課題は山積み。ファームを12年ぶりに、日本一に導いた手腕に期待が集まる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス