文字サイズ

金本監督 ショック隠せず、言葉少な 5点差追いつくも…守護神大炎上

大乱調のドリスにベンチで厳しい表情の金本監督(撮影・飯室逸平)
 9回、悪送球で勝ち越しを許し、肩を落とす阪神・ドリス。捕手梅野=甲子園
2枚2枚

 「阪神6-11広島」(24日、甲子園球場)

 阪神が首位・広島に同一カード3連戦3連敗を喫し、引き分けを挟んで今季ワーストの5連敗となった。借金も最多の6と膨らんだ。

 最大5点差を追い付く粘りを見せながら、この日1軍に復帰したばかりの守護神・ドリスが大炎上。希望が見えた直後にどん底へ突き落とされたとあって、金本監督もショックを隠しきれない様子で、打線が追い上げただけに勝ちたかったかという報道陣の問いかけに「もちろん、はい」と声を絞り出した。

 九回にマウンドに上がると、先頭・西川に二塁打を浴びた。投前へのバントを一塁へ悪送球し、あっさりと勝ち越し点を献上。さらには鈴木に満塁弾でトドメを刺された。久々の登板とあってブランクの影響を問われると、「どうだろう…、今までも中10日とかあったからなあ」と言葉少な。

 八回、1死満塁と勝ち越しのチャンスをつかみながら、頼みのベテラン・福留、糸井が相次いで凡退。これが響いたかと問われると、「まぁ、それも結果的にそうなってしまったかもしれんけど」と力なく答えた。

 今年はドリスの悪送球が目立つという指摘には、「今年は多いよな、ちょっと。投内連携ができていない。それがまさか決勝点とは…」と最後までショックを引きずっていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス