文字サイズ

金本監督、落球鳥谷に激怒「笑われる」

 「阪神3-4中日」(17日、甲子園球場)

 堪忍袋の緒が切れた。阪神のキャプテン・鳥谷敬内野手(34)の落球が招いた痛恨の敗戦。15日のDeNA戦に続く内野陣の拙守に金本知憲監督(48)は「プロ野球じゃない。恥ずかしい。高校生に笑われるわ」と大激怒。開幕戦以来の借金生活転落。超変革の旗印が泣いている。

 怒りの矛先は九回の抗議の場面…ではない。1点差を守りきれないどころか、勝ち越しまで許した逆転負け。明らかなミスがあった。「(抗議は三走がリタッチ)してないように見えたからね。まあ、そんなことどうでもいいんだけど」。試合後の会見。金本監督が一気に感情を吐き出した。

 「フライを捕れんもん(だから)野球にならん。(それが)2試合連続、プロ野球じゃない。恥ずかしい。ありえない。高校生に笑われるわ。何回目だ?フライで2試合落とすなんてありえない。(これでは)勝てない」

 これほど強い口調でミスを責めたのは、就任後初めて。怒気を込めたのは1点リードの九回。同点に追い付かれてなおも1死一塁の場面だった。遠藤の遊撃後方への飛球に対し、下がりながら捕球態勢に入った鳥谷だったが、捕球の瞬間に足元が芝でもつれたような形となり、捕りきれずにまさかの落球だ。

 「(芝でもつれたかと問われ)そういう問題じゃない。また明日、頑張ります」と鳥谷。信じられないミスからピンチは続き、死球を挟んだ1死満塁から代打・藤井の左犠飛で勝ち越された。久慈内野守備走塁コーチは「俺には分からん。コメントのしようがない」と話せば、高代ヘッドは「(鳥谷らしくないプレーと問われて)誰が見てもそうやろ」と言葉少なだった。

 指揮官の怒りは、この日の鳥谷の失策からのものだけではない。15日のDeNA戦でも内野フライをお見合いする形で落とし、そこからの失点から同点に追い付かれて引き分けた。勝てる試合をミスで逃げ切れない。それが腹立たしい。

 「(八回にはゴメスの失策もあったが)主力がミスしたらダメだよ。若い奴を使ってるんだから。若い奴の積極的なミスならまだあれだけど、サイン違いがあったり…。野球にならん。使ってる俺が悪いんだけど。野球になりません」

 タッチアップへの抗議後に、ベンチ横のボールボーイのイスを蹴飛ばしもしたが、ミスへの怒りも理由だった可能性もある。試合後の会見は「(もう)いいかな?」と報道陣に確認した上とはいえ今季最短。股関節付近の違和感でマテオを起用できないところに始まり、最後まで計算外の敗戦。開幕戦以来の借金1より、あまりのふがいなさが鉄人指揮官の心に痛く響いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス