文字サイズ

陽川が逆転の3点適時二塁打 先発の小野を援護

4回、適時二塁打を放つ阪神・陽川尚将=札幌ドーム(撮影・棚橋慶太)
1枚拡大

 「交流戦、日本ハム-阪神」(13日、札幌ドーム)

 阪神・陽川尚将内野手が逆転の3点適時二塁打を放った。

 1点を追う四回、1死から糸井が右前打で出塁。中谷が遊撃内野安打、鳥谷も左前打で続き、満塁を作った。ここで打席に陽川。開幕から不振が続いたロサリオに代わる形で昇格すると、一塁のポジションをつかみつつある若虎が、バットで魅せた。

 初球、真ん中低めのフォークをすくい上げると、打球が深々と左中間を破る。一走・鳥谷も懸命な走塁で一気にホーム生還。パ・リーグ防御率トップに日本ハム先発、上沢を攻略した。陽川は3日の昇格後、全7試合にスタメン出場。7戦連続安打を結果を残している。

 勝てば勝率5割復帰となる阪神。4勝目が懸かる先発の小野を打線も援護した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス