文字サイズ

ドラ2小野、収穫一敗 「勉強になった」同タイプ岸と投げ合いプロ最長7回1失点

 1回、岡島の打球に飛びつき、併殺に仕留める小野(撮影・田中太一)
1枚拡大

 「交流戦、阪神0-1楽天」(18日、甲子園球場)

 聖地に注ぐ太陽を全身に浴びながら、クールに腕を振る。制球を乱すことなく、テンポよく強力打線に立ち向かっていった。プロ最長タイの7回を投げて1失点。阪神のドラフト2位・小野(富士大)が虎党の声援に応える好投を見せた。打線の援護なく3敗目を喫し、初勝利はまたもお預けとなったが、潜在能力の高さは示した。

 「立ち上がりが課題で、テーマだった」と初回から落ち着いた試合運びを見せる。1死からペゲーロに左前打を許したが、続く岡島を投ゴロ併殺に仕留めて切り抜けた。走者を背負っても慌てない。ゴロを打たせ、要所を締めた。「低めにボールを集めることができた。継続したい」。確かな手応えを得た。

 唯一の失点は六回。1死一、二塁から岡島に遊撃・糸原のグラブをはじく中前適時打を許し、これが決勝点となった。金本監督は「あの1点はアンラッキーな1点に見えたけど」とルーキーをかばう。改善されつつある制球面を評価し「上がり目は十分にある。次回ももちろんある」とリーグ戦再開後もローテの一角を任せることを明言した。

 「似ていると言われる」という岸との投げ合い。ベンチに戻ればマウンドを見つめた。「打席でも球筋を見れたし、勉強になった」。同タイプで一線級の好投手から、技術を吸収した。

 気分転換に「黒いグローブを使ってみよう」と、これまで身につけていた赤色のグラブは使わなかった。心機一転で臨んだ一戦。白星こそ付かなかったが、変貌ぶりは見せた。次戦で勝利をつかむ。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス