文字サイズ

先発ドラ2小野好投も1点が遠く…阪神交流戦最終戦は黒星

3回、見逃し三振をバットを叩きつけて悔しがる福留=甲子園
選手交代を告げに、ベンチを出る阪神・金本知憲監督=甲子園(撮影・北村雅宏)
6回、楽天・岡島に先制となる適時打を許し、楽天・島内宏明(右)の生還を許した阪神・小野泰己(左)=甲子園(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「交流戦、阪神0-1楽天」(18日、甲子園球場)

 阪神は先発ドラフト2位・小野泰己投手(富士大)の好投も実らず、無得点で楽天に負け越した。阪神は今年の交流戦を10勝8敗で終えた。楽天も同じく10勝8敗。

 小野と楽天・岸との息詰まる投手戦。試合が動いたのは六回だった。小野は1死後に初めての四球を与えると、ペゲーロに右前打を打たれて1死一、二塁。迎えた3番・岡島の遊撃右に飛んだ打球に糸原が懸命に飛びついたが、そのまま中堅に転がり先制点を許した。

 阪神打線は岸から8安打を放ったが、八回1死一、三塁のチャンスで福留が併殺に倒れるなど要所を抑えられた。九回も松井裕を2死二、三塁と攻めたが、代打俊介が空振り三振でゲームセット。

 小野は5度目の先発マウンドも初勝利はお預けとなり、0勝3敗となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス