文字サイズ

阪神・青柳、同点弾浴び無念の降板 6回まで無失点も

 4回、四球を出し顔をしかめ悔しがる阪神・青柳
7回中日無死、中日・平田良介に同点ソロを浴びる阪神・青柳晃洋=ナゴヤドーム(撮影・田中太一)
力投する先発の青柳(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 「中日-阪神」(20日、ナゴヤドーム)

 先発した阪神・青柳は、6回2/3を投げて5安打3失点。勝利投手の権利を手にして迎えた1点リードの七回、平田にソロ本塁打を浴びると、2死一、二塁の場面で交代を告げられた。

 3ボール1ストライクから4球目。内角低めのツーシームを狙われた。左翼スタンド中段に飛び込む同点アーチを被弾。ここまで無失点の好投を続けてきたが、1球に泣いた。

 ただ、序盤から安定した投球だった。課題とする初回、京田をチェンジアップで空振り三振に。続く荒木はスライダーで3球三振に斬って取った。前回15日の広島戦では3回6失点(自責3)KO。初回から制球が定まらず、4四死球に自らの失策が絡むなど自滅した。

 この日はストライク先行の105球。降板時には三塁側スタンドから拍手を送られるなど、中4日の背水登板できっちり修正し、先発投手としての役割を果たした。

 ただ、試合は2番手の桑原が連打を浴び、2点の勝ち越しを許した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス