文字サイズ

阪神・原口が五回に先制タイムリー「積極的に打ちにいった」

 5回、中前へ先制適時打を放った阪神・原口は塁上で手をたたく
 5回、中前へ先制適時打を放つ阪神・原口
5回阪神2死一、三塁、中前へ先制適時打を放つ阪神・原口文仁。投手。中日・大野雄大=ナゴヤドーム(撮影・田中太一)
3枚3枚

 「中日-阪神」(20日、ナゴヤドーム)

 阪神が五回、原口の中前適時打で先制点を奪った。

 この日は高山をスタメンから外し、「1番・遊撃」で北條を起用。その若虎が先頭で四球を選び出塁すると、上本が中前打で続いて一、二塁。糸井の二ゴロで1死一、三塁とした。絶好の先制機だったが、4番・福留が空振り三振。流れが傾きかけたところだった。

 原口が打席に立つと1-1からの3球目、高めに浮いた142キロ直球を狙った。ライナー性の打球が中前で弾む。三走・北條が先制のホームを踏んだ。

 原口は四回にも二塁打で出塁。0-0の投手戦で均衡を破る一打に「打ったのはストレート。みんなが繋いでまわってきた打席でしたし、粘り強く投げている、青柳の為にもなんとか先制したい場面だったので、積極的に打ちにいきました。先制することができてよかったです」と振り返っていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス