文字サイズ

金本監督、バッテリーに苦言 荒木&大島で7安打「ひと工夫がね…」

 9回、サヨナラエラーで中日に敗れ、グラウンドをじっと見つめる金本監督(中央)=撮影・田中太一
1枚拡大

 「中日4-3阪神」(19日、ナゴヤドーム)

 阪神・金本監督は大きく息をついた。痛恨のミスで接戦を落とした事実は変わらない。だがそこに行くまでの過程に、修正が必要なポイントを見い出した。「ひと工夫がね。そこを勉強して対策を考えてくれるのを期待したんだけどね」と、同じ打者に何本も安打を許したバッテリーに苦言を呈する。

 2番・荒木には3安打され、3番・大島には八回の同点タイムリーを含む4安打を浴びた。この2人がサヨナラの1点を除く3点に絡んできた。1点リードで迎えた六回には「荒木と大島に(五回までに)2安打ずつされていてね。(六回は)嫌な予感はあったんだけど」と、荒木から始まる打順で指揮官は投手交代という選択肢も考えたという。

 それでも6連戦の2戦目ということもあり、球数も少なかったことから秋山にマウンドを託した。過去2打席の反省を生かして、バッテリーが打ち取るすべを見せてほしかった。それは1点リードの八回に投入したマテオも同じだ。

 「左打者対策をキャンプから言っているけど、何か覚えてくれないとね」と要望した金本監督。亀沢、大島と左打者に2安打を許し、リードを守ることができなかった。今季は右打者に1安打も許していないが、左打者には15打数8安打で被打率・533。ワンポイントの起用はないだけに、課題の克服が求められる。

 「今からでも遅くはない」と指揮官。そして「こういう試合を勝てるようにしていかないと」と力を込めた。それぞれが課題を克服すれば、チーム力は上がる。接戦でも負けない勝負強さ、そして自信が芽生える。

 マテオは「集中して次の登板に向けて準備したい」と言った。梅野は「勝負に行って打たれてるので…。とにかく明日です」と前を向く。まだ4月-。完全無欠の猛虎へ生まれ変わるチャンスは、確実に残されている。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス