文字サイズ

初開幕サードの阪神・鳥谷、中前適時打放つ

3回阪神1死満塁、鳥谷敬は中前に適時打を放ち、一塁上で「ヨッシャー!」と声を出す=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
三塁を守る鳥谷(手前は先発したメッセンジャー)
2枚2枚

 「広島-阪神」(31日、マツダスタジアム)

 阪神の「7番・三塁」で先発出場した鳥谷敬内野手が中前へ適時打を放った。

 4-1と3点リードで迎えた三回1死満塁で、先発・ジョンソンのやや外寄りの148キロ直球を中前へライナーで運んだ。

 2004年の入団以来、初めて三塁で迎える開幕戦。前日は「結果を残すだけ」と言っていた鳥谷だが、きっちり結果を出した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス