文字サイズ

上本は「左前腕打撲」と診断 ヤクルト戦中にファウルボールが直撃

2回、阪神・俊介のファールボールがあたり痛そうに体をよじる阪神・上本博紀=甲子園(撮影・飯室逸平)
2回、阪神・俊介のファールボールがあたり苦悶の表情をみせる阪神・上本博紀=甲子園(撮影・飯室逸平)
2枚2枚

 「オープン戦、阪神12-2ヤクルト」(7日、甲子園)

 負傷交代した阪神・上本博紀内野手が、尼崎市内の病院に行き「左前腕打撲」と診断された。

 上本は二回の攻撃中、ネクストバッターズサークル付近で俊介の放ったファウルボールが当たり、顔をゆがめ、ベンチへと下がっていった。三回の守りから交代し、すぐに病院に行き、検査を受けたが、軽傷で済んだ。

 今後も、二塁手争いを繰り広げていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス