文字サイズ

阪神・金本新監督が誕生 受諾を決断

阪神の監督就任要請を受諾した金本知憲氏
1枚拡大

 阪神の第33代監督にOBでデイリースポーツ評論家の金本知憲氏(47)が就任することが17日、決まった。

 来季新監督として阪神から就任要請を受けていた金本氏がこの日夕方、広島市内でデイリースポーツの取材に応じ、南信男球団社長(60)に受諾の意思を伝えたことがわかった。

 金本氏は広島市出身で、広陵高、東北福祉大を経て1992年にドラフト4位で広島に入団。主軸として活躍したのち、2002年オフにフリーエージェント(FA)で阪神に移籍後は03、05年のリーグ優勝に貢献した。

 12年に現役引退後はネット裏から主に阪神戦を解説。南球団社長らフロント陣は指導者としての資質があると見て、早くから次期監督候補に挙げていた。

 球団側と金本氏の交渉は1日、8日、12日と3度にわたり、金本氏はこれまで態度を保留していたが、13日のデイリースポーツの取材に「今週末にははっきりさせる」と返答期限を設定。予告通りこの日、決断を伝えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス