文字サイズ

コンラッド 低め変化球の見極めOK

 「阪神春季キャンプ」(4日、宜野座)

 阪神のブルックス・コンラッド内野手(33)が、フリー打撃で松田と志願の対戦。右翼へ特大のアーチをかけ、低めの変化球にもしっかりと対応する姿に巨人の007も警戒警報を鳴らした。

 松田の直球を完ぺきにとらえると、打球は右翼芝生席に飛び込んだ。客席から拍手がわき、大砲としての片りんをのぞかせた新助っ人。だが目を見張ったのは長打だけではない。松田が低めに投じたフォークを見極め、カットするなど対応力の高さを示した。

 「ボールもよく見えていたし、ちょっと直球に差し込まれたけど、まぁまぁ」とコンラッド。水谷チーフ打撃コーチも「スイングにクセがないし、思ったよりやるかもしれん」と評価した。ただそれ以上に目を見張ったのがGの007だ。

 三井統括ディレクターは「左より右の方がいいね。対応力がありそう。マートン、コンラッド、福留、西岡、この4人が働けば優勝候補。現状ではね」と語り、「また実戦を見に来ます。見なきゃいけない助っ人がいるから」。内海、杉内ら豊富に左腕投手を抱えるだけに、徹底マークを予告した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス