文字サイズ

新井1軍C決定!水谷Cが早出特打厳命

 右肩後方関節唇(しん)損傷からの再起を期す阪神・新井貴浩内野手(35)が21日、首脳陣から一任されていたキャンプのスタート地を沖縄に決めたことを明かした。新井再生を大命題に掲げる水谷実雄チーフ打撃コーチ(65)は、キャンプ中の強制早出特打を厳命。鬼軍曹と新井が、二人三脚で復活ロードを歩む。

 容赦はしない。泣き言も吐かせない。徹底的にバットを振らせる。水谷コーチの頭には、新井再生に向けたプログラムがすでに組まれていた。22日間に及ぶ宜野座キャンプ。鬼軍曹は新井に強制早出特打を命じた。南国の地に汗を滴らせ、完全復活への糸口を探す。

 「オレがこの年で阪神に呼ばれたのは、新井をなんとかしてくれってことだと思っとるんよ。アイツは絶対的に練習量が足らん。とにかくバットを振ること。早出特打をやらせるよ」。今月下旬に36歳を迎えるベテランに有無を言わせず引っ張り出す。

 右肩後方関節唇損傷からの復活を期す新井はこの日、リハビリのため甲子園を訪れ、首脳陣から一任されていたキャンプのスタート地を沖縄に決めた。

 「沖縄に行きます。暖かいところでやろうと思って。水谷さんに打ち込みやるぞと言われてるので、それをこなせるように準備したい。早出でもなんでもやるつもりです」と不退転の決意で水谷道場に入門する覚悟を示した。

 先月上旬、水谷コーチは鳴尾浜でリハビリ中の新井を訪ね、4時間みっちり話し込んだ。現状のスイングの欠点、今から目指そうとするスイングの方向性、それを体得するための方策…。頭ごなしに否定はせず、新井の言い分も聞きながら、歩むべき道を説明し、理解させた。

 力強さを取り戻させることに重点を置く。「去年まではトップの位置ばかり気にしてた。それも大事なことやけど、右バッターは左方向に力のある打球が飛ばんとな。新井は右に打つのはうまいけど、それじゃピッチャーが怖がってくれん」。中堅から左方向にパワフルな打球を運ぶためのスイングをマスターさせる。

 猛虎打線再構築の鍵を握る新井の再生&完全復活。二人三脚で進むイバラの道。プライドも過去の勲章も投げ捨て、手の皮がむけ、血が流れるのも忘れて、新井が無心でバットを振り込む。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス