文字サイズ

初場所、初日に白鵬-正代戦 鶴竜は栃ノ心と

 大相撲初場所、8日の初日に横綱白鵬へ挑戦する新関脇正代
1枚拡大

 日本相撲協会は6日、大相撲初場所(8日初日・両国国技館)の取組編成会議を開き、2日目までの取組を決めた。4場所ぶり38度目の優勝を目指す横綱白鵬は初日に新関脇正代の挑戦を受け、2日目は幕内宝富士戦が組まれた。

 他の2横綱は、自身初の2連覇で4度目の優勝を狙う鶴竜が初日に小結栃ノ心、2日目に松鳳山と当たり、日馬富士は初日に小結高安、2日目に御嶽海と顔を合わせる。

 大関陣の初日は、昨年に年間最多勝となった稀勢の里は宝富士、豪栄道が御嶽海、照ノ富士は松鳳山、7度目のかど番の琴奨菊が荒鷲と対戦。

 十両以上で初日からの休場を届け出た力士はいなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    相撲最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(相撲)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス