文字サイズ

ポーランドがリトアニアを圧倒 エース・レバンドフスキが2発

 国際親善試合のリトアニア戦でゴールを喜ぶポーランドのレバンドフスキ(ロイター=共同)
1枚拡大

 「国際親善試合、ポーランド4-0リトアニア」(12日、ワルシャワ)

 W杯ロシア大会の1次リーグH組最終戦で日本と対戦するポーランドは12日、ワルシャワで行われた国際親善試合リトアニア戦に4-0で快勝した。ポーランドはエースのFWレバンドフスキが前半に2得点。後半はFWコフナツキ、MFブワシュチコフスキのゴールで加点した。

 前半19分、右クロスからレバンドフスキの先制点を演出したのが、サンプドリア(イタリア)でプレーする21歳のコフナツキ。フル代表2試合目の出場となったFWは、後半26分にはチーム3点目を自ら決め、存在感を示した。

 前半は3-4-3の布陣で臨み、レバンドフスキらを下げた後半は4-5-1に変更。ナバウカ監督は「セネガルとの初戦が最も重要だが、きょうは1次リーグの他の2試合も考慮し、状態を見たい選手を多く使った。3バックでも4バックでもアピールした選手がいる」と満足そうに振り返った。

 5万人超の観客が入った首都ワルシャワでの壮行試合で、本大会へ弾みをつける快勝となった。前半32分には直接FKを決め、2得点のレバンドフスキは「最も大事なのはけがをしなかったこと。全員が初戦に臨む準備ができている」と引き締まった表情で話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカーW杯ニュース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカーW杯)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス