日本は韓国に痛恨黒星で2位通過 後半CKから失点 パリ五輪切符へ試練、25日準々決勝で開催国の難敵カタールと激突

 後半、ゴール前で競り合う鈴木(奥右上)ら。GK白種範
 後半、競り合う佐藤(右)
2枚

 「パリ五輪アジア最終予選兼U23アジア・カップ・1次リーグ、日本代表0-1韓国代表」(22日、ドーハ)

 宿敵の韓国に敗れ、日本はB組2位で1次リーグを終えた。

 開始から互い中盤で球際の激しい攻防を見せ、目まぐるしく攻守が変わる展開。前半15分にはMF川崎がミドルシュートを放つが、これは枠を捉えることができず。前半19分のMF平河のシュートもゴール右へ外れた。

 両チーム無得点で前半を折り返すと、前半はシュート1本に終わった韓国が攻勢の時間をつくり、後半30分に右CKから途中出場のMFキム・ミヌのヘディングシュートで先制点を奪われた。

 1点を追う日本は猛攻を仕かけ、後半38分にはゴール前の混戦から最後はMF佐藤が右足を振り抜くがクロスバーを越え、同40分にはこぼれ球をMF藤田がミドルシュートを放つもDFがブロック。後半48分もCKから細谷がヘディングはGK正面となった。猛攻を浴びせたが、再三の好機も、韓国の固い守備を崩せず敗戦を喫した。

 これで日本は25日の準々決勝でA組1位で開催国のカタールと対戦することが決まった。首位通過の韓国は準々決勝でA組2位のインドネシアと対戦する。

 今大会3位までが五輪に出場し、4位はギニアとのプレーオフに回る。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

サッカー最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス