文字サイズ

日本快勝のサッカー中国戦は16・2% W杯アジア最終予選

 27日にテレビ朝日で放送された「2022FIFAワールドカップカタールアジア地区最終予選・日本×中国」(後6・57)の平均世帯視聴率が16・2%を記録したことが28日、わかった。前4週平均9・0%を大きく上回り、注目度の高さを見せた。個人全体視聴率は10・1%(前4週平均5・3%)だった。

 埼玉スタジアムで行われた試合は日本が2-0で快勝。吉田麻也=サンプドリア=と冨安健洋=アーセナル=の両センターバック(CB)が不在という非常事態で迎えたが、代役の谷口彰悟=川崎=と板倉滉=シャルケ=が安定した守備を見せ、中国の攻撃を完封した。(数字は関東地区、ビデオリサーチ日報調べ)

関連ニュース

編集者のオススメ記事

サッカー最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

スコア速報

ランキング(サッカー)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス