文字サイズ

神戸イニエスタにアクシデント 三浦監督「ハムストリングが気になるということで交代」

 前半、湘南・山田直輝(右)のタックルを受け、負傷交代となる神戸・イニエスタ(撮影・吉澤敬太)
 前半、ゴールを決めドウグラスと抱き合う神戸・山口蛍(右)=撮影・吉澤敬太
 後半、チーム3点目を決めた中坂(中央)を祝福するドウグラス(左)、山口蛍(右)ら神戸イレブン(撮影・吉澤敬太)
3枚

 「明治安田生命J1、神戸3-1湘南」(3日、ノエビアスタジアム神戸)

 神戸が主将の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(37)ら主力4選手が負傷退場する中、逆転勝ちで3連勝を飾った。

 前半41分、イニエスタはドリブル突破を阻まれて倒れ込む。担架が運び込まれたが、それには乗らず自力で歩きながらキャプテンマークを外した。試合後、三浦監督は「ハムストリングが気になるということで交代しました」と説明。今後については医師の診断を待って判断する。

 イニエスタだけでなくアクシデントが連発した。前半に空中戦での着時に左足首を痛めたDF菊池がハーフタイムで交代。後半17分にはキックをした際に胴部あたりを痛めたGK前川も担架で運び出された。さらには31分にはMF郷家も負傷交代となった。

 それでもエースのFW古橋が得点ランク単独首位の14得点目を決め、イニエスタに代わり緊急投入されたMF中坂も鮮やかなボレーをたたき込んだ。

 決勝ゴールを前半ロスタイムにダイビングヘッドで決めたMF山口は「逆転できたことはうごくうれしいことではあるのですが、アンドレスがあの時間帯でけがをして喜びよりもチームメートとして心配している。長引かないことを祈ります」とイニエスタの負傷について語った。その上で「チームとして一体感を見せることができた」と3連勝を飾った。目標とするACL出場圏内の3位に浮上した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

サッカー最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

スコア速報

ランキング(サッカー)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス