文字サイズ

G大阪社長が監督交代を説明「状況が改善することは厳しいと判断」ACLまでに新監督を

監督交代についてオンライン対応したG大阪・和田取締役強化アカデミー担当兼普及部長
 G大阪・宮本恒靖監督
2枚

 J1G大阪の小野忠史社長(59)が14日午後、オンライン取材に応じ、宮本恒靖前監督(44)との契約を解除し、松波正信強化アカデミー部長(46)が当面の監督を兼務することについて説明した。

 クラブはこの日午前に監督交代を発表。小野社長は「現時点リーグ戦10試合を消化して1勝止まり。なかなかチーム状況が改善することは厳しいと判断し、今回の結論と至りました。本日より松波監督が指揮を執り、ディフェンス面での強みを生かし、攻撃面で改善を期待しています。新たなガンバ大阪をお見せできるよう全員で戦って参りたい」と述べた。宮本前監督には事実上の解任を前日夕方に小野社長が通告したという。

 後任を当面は松波監督が務める。「彼は宮本監督と一緒に強化部長として常にチームに帯同しており、突然の交代ということもあり、なかなか外部からということも難しく、一番チーム状況が分かっている松波が適任だと今回彼に任せた」とその理由を説明した。

 同時に次期監督候補をリストアップして情報を集めている。ACL指揮経験などある日本人指導者を中心に適任者が見つかれば後任を託す方針だという。「新しい監督を迎えてACLに臨みたい」と6月末にも開幕予定のアジア・チャンピオンズリーグには新監督を迎えたい意向も示した。

 今季10試合で1勝3得点と攻撃面が深刻な状況。降格圏の18位と低迷する。和田昌裕取締役強化アカデミー担当兼普及部長(56)は「ひとつはボールを失わないという宮本監督のサッカーが逆に大切にすることばかりにいってしまった。本来ゴールを目指さないといけない。その意識は松波さんとも話をしています。まずは意識の改革が大切かなと思います」と新体制に期待した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス