文字サイズ

森保監督 パルチザン退団のFW浅野に「拓磨は人やチームを裏切る人間ではない」

 日本代表と東京五輪世代にあたるU-24(24歳以下)日本代表を兼任する森保一監督(52)が4日、オンライン取材に応じ、セルビア1部パルチザンとの契約解除を発表した日本代表FW浅野拓磨(26)に対して「拓磨は人やチームを裏切ったりするような人間ではない」などと思いを語った。

 森保監督は浅野の状況について「関係者から話は聞いている。契約については介入できないし、メディア上に出ていることは多少なりとも把握しているが、現実でどうなっているか、はっきりと分かっていないところはある。事の成り行きを見守っていきたいし、我々ができるサポートをしていきたい」と慎重に言葉を選んだ。

 浅野とはJ1広島の監督時代に2013年から16年夏まで指導した“師弟関係”もある。浅野の退団を巡ってはパルチザンが法廷闘争の構えを示し、セルビアの複数メディアが元チームメートの“浅野批判”を報じるなど泥沼の様相を呈しているが、浅野の人柄を熟知する指揮官は「拓磨は人を裏切ったり、チームを裏切ったりするような人間ではない。今までの付き合いでそういうことはあり得ないと思っている。この問題が早く解決してくれるといいなと思うし、せっかく築き上げた人間関係が修復されるといいなと思っている」とかつての“愛弟子”を思いやった。

 5月下旬から日本代表の活動も控えるが、森保監督は「可能であれば(代表)選考のテーブルに乗せて話していきたい」と代表招集の意向を示し、日本での練習環境を提供するなど、浅野をサポートしていく考えも示した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス