文字サイズ

韓国戦で肘打ち浴びたDF冨安、歯が折れていた 応急処置で「見た目は戻りましたね」

 「W杯アジア2次予選、モンゴル-日本」(30日、フクダ電子アリーナ)

 日本代表DF冨安健洋(22)=ボローニャ=が27日、オンライン取材に応じ、25日の国際親善試合・韓国戦(日産ス)で相手選手の肘打ちで歯が折れていたことを明かした。

 冨安は「歯が折れました。半分折れちゃいました」と明かした。応急処置を施し「見た目は戻りましたね」と笑い、「全然大丈夫ですね。練習も試合も大丈夫です」と問題なしを強調した。

 冨安は韓国戦の後半20分過ぎに韓国MF李桐浚(蔚山)の肘打ちを顔面に浴び、口を押さえて転倒。出血もあったが、フル出場を果たした。

 李の行為には日本国内だけでなく、韓国でも大きな批判が起こっていた。冨安は26日に自身のインスタグラムを更新し「相手選手からの肘打ちの件ですが試合中には起こり得ることで、彼が故意的にやった事ではないと信じています。もうすでに謝罪のメッセージも受け取っていますし、大きな問題にならない事を願っています!」と投稿。大人の対応で事態の沈静化を願った。冨安のインスタグラムのコメント欄には韓国人とみられるアカウントから多くの謝罪も寄せられている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス