文字サイズ

サッカー日本代表 10月オランダ遠征はオール海外組も コロナ禍を森保監督「考慮しないと」

 サッカー日本代表と東京五輪の男子代表を率いる森保一監督が15日、オンライン上で取材に応じた。10月の国際Aマッチ期間(IMD=同月5~13日)に行うオランダ遠征(カメルーン戦・同9日、コートジボワール戦・同13日)について、海外所属の選手のみで編成する可能性を示唆した。また、1年延期となっている東京五輪に向けての活動も兼ねるため、五輪世代の若手を多く招集して30人弱で活動する構想もあると明かした。

 森保監督は、オランダ遠征でのメンバー選考について「複数の選択肢がある」と前置き。国内外の所属を問わずに指揮官が必要とする選手を全員招集する考えと、遠征終了後に隔離期間のない国や地域でプレーする選手のみで編成するパターンだ。新型コロナの影響で、10月のIMDにも国内リーグ戦は開催される。国内組が遠征に参加すれば「(帰国後に14日間の自宅待機があり)チームを空ける期間が1カ月くらいになるので、そこは考慮しないといけないのかなと。海外組だけも考えて最終選考したい」とした。

 また、IMDでの活動としては昨年11月以来となる貴重な代表合宿の場。東京五輪世代の活動も兼ねる形で、通常の23人よりも多い30人弱メンバーを招集する考えを明かし「少しラージグループであったり、A代表に将来的につながっていくような選手も招集させてもらったらなと思う」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス