文字サイズ

久保、ビリャレアル決定「最高の選択と証明したい」 攻撃的戦術&欧州L出場に魅力

 スペイン1部リーグのビリャレアルは10日、レアル・マドリードから日本代表MF久保建英(19)が1シーズンの期限付きで加入すると発表した。昨夏にJ1のFC東京から世界的強豪のRマドリードに加入し、1季目はマジョルカに期限付き移籍してリーグ戦で4得点、4アシストと活躍。2季目はリーグ上位を争うビリャレアルでプレーする。久保は11日、スペイン東部のビリャレアルで入団の記者会見に臨んだ。

 新天地での決意があふれた。今季スペイン1部で5位に入ったビリャレアル。同国内のみならず、アヤックス(オランダ)やACミラン(イタリア)など欧州の複数クラブの名前が挙がる中、来季の欧州リーグ出場権を持つ強豪で、久保が欧州2季目に挑む。移籍発表から一夜明けて行われた入団会見。「ビッグクラブでのプレーになる。これが最高の選択だったことを証明したい」と意気込んだ。

 昨夏にJ1のFC東京からRマドリードに5年契約で移籍した久保は、試合経験を積むためマジョルカに期限付き移籍。2019-20シーズンは序盤こそ途中出場が目立ったが、徐々に存在感を高め、最終的にリーグ戦35試合出場で4得点、4アシストを記録した。ただ、奮闘むなしく2部降格が決定。Rマドリードへの復帰は欧州連合(EU)外選手枠の関係で難しく、数ある選択肢の中から最終的に、攻撃的なサッカーを志向するビリャレアルを選択した。

 現地ではアーセナル(イングランド)などで指揮を執った戦術家のエメリ新監督が獲得を熱望したと伝えられており、右サイドMF、トップ下でコンスタントな出場を目指すことになる。

 「自分の能力や特長をアピールして、試合に絡んでいくことが大切だと思う。できるだけ上の順位でフィニッシュして、欧州リーグでもしっかりと結果を残したい」。早くも主力としての自覚がにじむ。チームカラーは鮮やかな黄色。「これから自分の色に染めていけたらいい」。新たな舞台で一回りも二回りも大きくなってみせる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス