文字サイズ

J1・C大阪MF坂元 “古巣”に示した成長、FC東京下部組織出身

 前半、競り合うC大阪・坂元(右)とFC東京・森重=ヤンマー
2枚

 「明治安田生命J1、C大阪0-0FC東京」(9日、ヤンマースタジアム長居)

 C大阪はFC東京と引き分け、前節の2位から暫定3位に後退した。

 C大阪のMF坂元達裕(23)が古巣に確かな成長を見せつけた。中学時代をFC東京U-15むさしで過ごした。U-18昇格はかなわず、群馬・前橋育英高-東洋大-J2山形を経て、今季からJ1の舞台にたどり着いた。

 「お世話になったチーム。素直に楽しかった」と振り返った背番号17。前半11分、MF清武のクロスにフリーで走り込んだが、至近距離からの左足ボレーはGKの正面に飛んだ。

 「決め切らないといけなかった。(シュートが)対角にいかず真ん中にいったのは反省点」と天を仰いだが、その後は懐の深い切り返しで相手を翻弄(ほんろう)。視察に訪れた日本代表の森保監督の前で随所に存在感を放った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス