文字サイズ

ボローニャ・冨安健洋がCロナと対決 チーム敗れるもスター選手に粘り強く対応

 「イタリア1部リーグ、ボローニャ0-2ユベントス」(22日、ボローニャ)

 新型コロナウイルス禍による中断が明けたイタリア1部(セリエA)で22日、ボローニャのDF冨安健洋(21)は地元に王者ユベントスを迎えた再開初戦にフル出場した。世界最高のアタッカーの1人、C・ロナウドと対決し、9連覇を目指して首位を快走する強豪に0-2で屈した。

 ボローニャのDF冨安は右サイドバックに入ると、ポルトガルのスター選手と何度も対峙(たいじ)。前半8分にはしつこく食い下がってボールを奪った。その後も派手なフェイントに惑わされずに粘り強く対応。得がたい経験を積んだ。コロナ禍による3カ月半の中断期間にイタリア語の特訓に励んだといい、「再開にこぎ着けたので、ほっとしている。この(無観客の)状況に一刻も早く慣れないと」と率直に語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス