文字サイズ

J1神戸がDF酒井高徳の新型コロナウイルス陽性を発表 Jリーガーで初

 J1神戸が30日、元日本代表のDF酒井高徳(29)が新型コロナウイルス感染のPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。Jリーガーで陽性判定が公表されるのは初めて。

 神戸によると時系列は以下の通り。

 25日夜中に38・0度の発熱を訴え、この段階で隔離された。26日のトレーニングを欠席。この日の体温は37・6度で、頭痛、鼻閉感があり、兵庫県内の病院で急性上気道炎と診断されたという。

 27日の朝は体温37・3度、夜は38度で頭痛と咽頭痛(のどの痛み)があった。

 28日に体温は35・8度に下がり、軽度の頭痛と、においを感じないといった症状があった。医師の助言を受け、同日午後2時に兵庫県内の病院でPCR検査を受けた。

 30日午後5時にPCR検査の陽性判定を受けた。

   ◆  ◆

 酒井は「今回はサポーターの皆さんや一般の方々、全選手、スタッフ、その家族やご友人に不安とご迷惑をおかけしてしまうことになり、本当に申し訳ございません。皆さんが日頃から、一生懸命に予防や対策をされてる中、自分もプロフェッショナルという精神を掲げ仕事をしていることを自覚し、人数の多い場所に行かない、消毒や手洗いをする等、気をつかって生活をしておりました。しかし、それでも、このようなことになり、大変なさけなく思っております」とのコメントを発表した。

 さらに、「今、自分から発信できる事は、コロナウィルスは、本当にどこに潜んでいるかわからないという事です。感染してしまった以上、僕には自分以外の方の感染がないことを本当に心から願うことしかできません…。多くの方々にご不安やご迷惑をかけてしまっていること、全ての皆様に心からお詫び申し上げます。大変申し訳ありません」と謝罪の言葉を続けた。

 神戸によると、酒井は現時点では体温は平熱に戻っているというが、味覚・嗅覚がない状態は改善していないという。

 神戸は発熱から前2週間の濃厚接触者のリストアップはクラブは済ませており、酒井自身の行動記録とともに、保健所に提出しているとした。保健所の指示に従い今後は対応するという。チームは6日までのオフに入っていたが、それ以降にどうするかは、現時点では未定としている。

 3人の選手が陽性判定を受けた阪神タイガースの選手らとの接触は、現時点の行動記録からは確認されないとして否定した。

 クラブとしては、リーグ戦の中断期間で対戦相手を非公開で練習試合を行ってきているが、対戦相手に対しては状況を知らせていると説明した。

 また、酒井は現在、家族とは同居しておらず酒井と直接接触しての感染はないとした。

 神戸によると、酒井以外の選手・スタッフに新型コロナウイルス感染症や風邪の症状が出ている人はいないという。「保健所の指導のもと、濃厚接触者の特定やトレーニング施設のいぶきの森球技場の消毒等の対応を行ってまいります」としている。

 今後のスケジュールや調査結果は、Jリーグ、兵庫県、所轄の保健所と連係し、「適切なタイミングで」公表するとしている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス