文字サイズ

J2京都 MF仙頭のJ1横浜M完全移籍が決定的 横浜MのMF中川獲得に乗り出すも

 J2京都のMF仙頭啓矢(24)がJ1横浜Mに完全移籍することが17日、決定的となった。複数の関係者によると、既にクラブ間合意に達しており、近日中にも正式発表される。

 東洋大から17年に京都入りした仙頭はプロ3年目の今季、36試合に出場して自己最多の10得点を挙げた。京都も慰留に努めたが、攻撃陣を支えた主力の流出を止められなかった。

 京都は3月にJ2琉球から横浜Mに加入したMF中川風希(24)の完全移籍での獲得に乗り出しており、J2山形などと争奪戦になっている。横浜Mとの契約を残し、移籍金の発生する中川だが、高い技術には定評があり、J2を中心に人気は高い。中川が出場機会を求めて移籍を決断すれば、横浜Mは今季右サイドを主戦場としていた仙頭をトップ下で起用する可能性もある。

 また、神戸が獲得に乗り出していた京都MF小屋松は既に神戸に断りの連絡を入れているといい、鳥栖への完全移籍が濃厚となっている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス