文字サイズ

ビーチサッカー日本代表、ロシアに逆転負けで4位 ラモス監督「まだ壁高い」

 「ビーチサッカー・W杯・3位決定戦、日本4-5ロシア」(1日、アスンシオン)

 3位決定戦で日本はロシアに4-5で競り負けた。2005年の第1回大会で残した過去最高成績の4位を上回れなかった。日本は赤熊(ドルソーレ北九州)の2ゴールなどで4-3とリードして最終第3ピリオドを迎えたが、2失点して逆転負けした。大会最優秀選手には茂怜羅(東京V)が選ばれた。決勝はポルトガルがイタリアを6-4で退け、2大会ぶり2度目の優勝を果たした。

 過去最高を更新する3位に、わずかに及ばなかった。日本は2度の大会制覇を誇る強豪ロシアに競り負けた。ラモス瑠偉監督は「まだまだ世界の壁が高い。それでも堂々と戦ってくれて(選手に)感謝している」と悔しさを押し殺した。

 赤熊の2得点や茂怜羅らのゴールで第2ピリオドまで4-3とリードした。だが、第3ピリオドで浮足立ち「焦りをコントロールできなくなった」と監督。巧みな個人技で同点とされると、GK照喜名がシュートをはじいたところを詰められて勝ち越された。

 2005年大会以来の4強入りとなったが、さらに上を狙うために監督は「経験が足りない。(日本に)高いレベルの環境をつくれば、あっという間に強くなる」と言う。大会最優秀選手に選ばれた茂怜羅は「ベスト4にみんな満足していない。これからが本当に大事」と力を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス