文字サイズ

J2京都で元代表・闘莉王が引退「気合入れてやってきた」楢崎氏、中沢氏から花束も

 サッカー元日本代表でJ2京都のDF田中マルクス闘莉王(38)が1日、東京都内のホテルで記者会見を開き、現役引退を発表した。「心の炎が少しでも消えかかったら引退しようと決めていた」と、昨年末には引退を決意していたことを明かし、19年のプロ生活に終止符を打った。

 名前のごとく誰よりも闘い続けた。「一秒も手を抜くことなく、全力で気合を入れてやってきた。頭が割れても、肉離れしても、鼻が折れても、ピッチに戻ろうとした」。一つ一つのプレーに魂を込めてきた。

 ブラジル出身でJ2水戸時代の2003年に日本国籍を取得した。卓越した守備力、得点力を兼ね備え、主にセンターバックで活躍。日本代表では2010年W杯南アフリカ大会で16強入りの原動力となった。元日本代表の楢崎正剛氏と中沢佑二氏から花束を受け取り、「たくさんの素晴らしい仲間に出会えたことも誇りに思う」。記憶にも記録にも残った闘将は、晴れやかな表情を浮かべた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス