文字サイズ

フランクフルト・鎌田2発で名門アーセナル撃破「忘れられないゴールになる」

 「欧州リーグ・1次リーグF組、アーセナル1-2フランクフルト」(28日、ロンドン)

 F組でアイントラハト・フランクフルト(ドイツ)の日本代表MF鎌田大地(23)がアーセナル(イングランド)戦で後半に2得点し、2-1の逆転勝利に貢献した。鎌田とMF長谷部誠はフル出場し、チームは勝ち点9として1次リーグ突破へ前進した。L組ではパルチザン(セルビア)のFW浅野拓磨がAZアルクマール(オランダ)戦で先制点を挙げたがチームは2-2で引き分けて敗退が確定。D組でPSVアイントホーフェン(オランダ)のMF堂安律はスポルティング(ポルトガル)戦でベンチを外れた。

 敵地で名門アーセナルから鮮やかに2ゴールを決め、逆転勝利の立役者となった。鎌田は「相手もビッグクラブで、点を取るタイミングとしてはベスト」と圧巻のパフォーマンスで、チームを1次リーグ突破へ大きく前進させた。

 前半終了間際に先制されたが、後半に2本の絶妙なシュートで流れを変えた。10分にペナルティーエリア内で右から仕掛け、左足で遠いサイドに同点ゴールを突き刺した。「1点うまく取れると、2点目も取れたりする」という予感が的中し、9分後にはCKのこぼれ球を右足で蹴り込んだ。

 今季は公式戦でゴールから遠ざかっていた。得点力を売りとするMFは「プロに入ってここまで点を取れなかったことは初めてだった」と明かす。それでも積極的に狙う姿勢は失わず、持ち前のシュート精度の高さを大事な一戦で発揮した。「忘れられないゴールになる」。イングランド・プレミアリーグで不振にあえぐ相手を倒し、自らの存在価値も一気に高めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス