文字サイズ

FC東京、3得点快勝で鹿島と並び首位 代表で刺激MF橋本が追加点

 「明治安田生命J1、神戸1-3FC東京」(19日、ノエビアスタジアム神戸)

 前節2位に後退したFC東京は日本代表MF橋本拳人(26)のゴールなどで神戸に3-1で快勝し、首位の鹿島と勝ち点56で並んだ。横浜Mは湘南を3-1で下して同55。浮嶋新監督の初陣だった湘南は4連敗。G大阪と2-2で引き分けた川崎は6位に後退した。

 走って走って、懸命に足を伸ばした。2-0で迎えた前半34分、最終ラインからボールを受けたMF橋本が、ドリブルで持ち上がってFWディエゴオリベイラへとつなぐ。「目があっていたので。良いパスが来た」。そのまま足を止めることなくゴール前へと進入すると、ラストパスを右足で合わせた。

 W杯予選のタジキスタン戦から17日に帰国したばかり。代表活動を通じて「攻守でもっと質と量を出さないとと思った。代表で感じたものを出したかった」。視察した森保監督も「持ち味が出ていた」と評価した。

 残り5試合で首位との勝ち点差はなし。「目の前の相手に勝っていく。チームのために身を削って戦いたい」と橋本。悲願のVに向け、走り続ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス