文字サイズ

J2岐阜 本拠地で特定外来生物セアカゴケグモ発見「決して触らずに」

 J2岐阜の本拠地・岐阜メモリアルセンター長良川競技場
2枚

 J2岐阜は18日、本拠地の岐阜メモリアルセンターで特定外来生物であるセアカゴケグモが発見されたと公式サイトで発表し、「ホームゲームの際にもし発見された場合は、決して触らずに近くのスタッフにお声かけ下さい」と呼びかけた。

 クラブは公式サイトで、同日にセアカゴケグモが発見されたことを報告。「現在岐阜メモリアルセンターにおいて、発見場所の立入禁止措置を実施した上で、センター内全体の一斉点検、殺虫剤散布を実施しています」と現状を伝え、今後の対応策として以下のようにも記した。

 ・センター内各所に注意看板設置、利用団体への注意喚起

 ・周辺自治会への注意喚起

 ・当面の間、施設内点検の回数増(週1回→毎日)

 セアカゴケグモとは特定外来生物で、国内では1995年に大阪府内で初めて発見された。攻撃性は少ないが、咬まれた場合、重症例では進行性の筋肉麻痺が生じるなどしている。

 現在、J2最下位と苦戦している岐阜は、20日14時から本拠地・岐阜メモリアルセンター長良川競技場で愛媛戦を予定している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス