文字サイズ

ソウル五輪女子バレーボール代表が闘病告白 無気力、思考低下…「人生終わった」

 ソウル五輪の女子バレーボール代表、杉山明美さん(52)が18日放送のTBS系「爆報!THEフライデー」に出演し、低血糖症との闘病生活を告白した。

 杉山さんは引退後、所属していたNECでOLとして勤務し始めた32歳の頃、手足のしびれや冷や汗といった症状を覚えた。

 不慣れなオフィスワークのストレスだと考え1年半で退社したが、事態は悪化。退社後も情緒不安定、無気力、思考低下といった症状に襲われ、「時間がたっているのを待っているだけ。暗くなったら取りあえず目をつぶって寝て、目が覚めたら起きているけど横になっているだけ」という状態に。

 電話の内容が理解できなくなった時には「私とうとうバカになってしまった。これで人生終わったな」と絶望感にかられた。

 「うつみたい」という症状だったが、2年間苦しんだ末、病院で低血糖症と診断され、乱れた食生活が原因とされたという。

 杉山さんはタンパク質を摂取するよう食生活を改善して低血糖症を克服し、45歳で早稲田大大学院に入学。現在は法政大で分子栄養学の講師を務め、神奈川県内で独身生活を送っている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス