文字サイズ

美人すぎる元バレー選手 同性愛公表「自信持って生きていきたい」

 元女子バレーボール選手の滝沢ななえさん(30)が自身のブログについて、同性愛者であることをテレビ番組で公表したことについて、改めて自身の言葉で説明した。16日に日本テレビで放送された「衝撃のアノ人に会ってみた!」でカミングアウトしていた。

 名門、八王子実践中学・高校出身で、「春高バレー」でも活躍し、モデルのようなルックスで、“美人すぎるバレー選手”として話題を集めた滝沢さん。高卒後は女子バレーチーム「パイオニアレッドウィングス」に入団。その後、V・チャレンジリーグ「上尾メディックス」に移籍。2013年に現役を引退し、現在は女性限定のトレーニングジムで“美尻専門”のトレーナーをしているという。

 番組で年下女性と付き合っていることなどをカミングアウトしたことについて、「いきなり衝撃発言してお騒がせしました。笑 でも公共の電波を使ってこんな奴も世の中存在してるぞー!ってのを伝えられて良かったと思っている」と説明。「パイオニア-」に入団したころは「まだ自分が女性の方が好きだと気付いてなかった」こと、男性を好きになれない自分に「もはや人を愛せない病気かなんかなのか?」と悩んだこともあったことなどを明かした。

 「女性が好きなんだ!」と気づき、初めて女性と付き合ったのは、「上尾-」に所属していた時期だったという。

 25歳で現役を引退。「今はありのままの自分でいるからカッコ良くいる方が好き」と胸を張り、「同じ悩みを抱えている人。同じ仲間。日本にたくさんいると思う!カミングアウトしたからすごいんじゃない。カミングアウトできないからダメなんじゃない。私はどんな自分でも自分を好きでいてほしいと思う。人に言える、言えないじゃなくどんな自分でも自分はこうなんだ!って自信持って生きていきたいね」とメッセージを送っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス