文字サイズ

元なでしこ・岩清水が結婚&妊娠「自分の母のような親になりたい」引退はせず

 サッカー女子の日テレ・ベレーザは14日、日本代表「元なでしこジャパン」のDF岩清水梓選手(33)の入籍と妊娠を発表した。お相手は一般男性。引退はせず、産休を経て来季の現役復帰を目指すという。

 岩清水はクラブを通じて「このたび、かねてよりお付き合いしていた一般男性と入籍致しましたことをご報告させて頂きます。合わせまして妊娠のご報告もさせて頂きます」と報告。現在は別メニュー調整となったことも発表された。

 今シーズンはリーグ後半戦に出場していなかったことに触れ、「まず、シーズンを通して戦う一選手として怪我以外の離脱というご迷惑をおかけしていることについて申し訳なく思っております。しかし、ここまでチームメイト、スタッフ、関係者の皆さまのご理解とともに温かく見守っていただき、安定期を迎えることができました」と感謝した。

 日テレ・ベレーザのレジェンドはひとりの女性としてあふれる思いもつづり、「このクラブハウスに通って20年。このクラブハウスで成人を迎え、母になれるとは考えていませんでした。ピッチを離れれば33歳女性。わたしも自分の両親のような家庭を持ち、自分の母のような親になりたい。そんなことを、ピッチを離れれば考えていました。そんなわたしのお腹の中で授かった新しい命。とても嬉しく思いました。今は日々少しずつお腹の中の子供が元気に生まれてくれることを祈るばかりです」と、伝えた。

 岩清水はなでしこジャパンのセンターバックとして活躍し、11年の女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会では初優勝に貢献。12年ロンドン五輪でも銀メダルに輝くなど、日本女子サッカーをけん引している。現役への思いについて「選手としては引退も一度は考えましたが、今は選手としての産休に入らせていただき、来シーズンの現役復帰を目指します。温かく見守っていただければ幸いです」などとつづった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス