文字サイズ

C大阪・柿谷、残留決断の心境語った「待ってくれてる人が…」

 J1C大阪の元日本代表FW柿谷曜一朗(29)がJ1名古屋からの期限付き移籍の打診を断り、残留を決断した心境を明かした。18日、大阪市内で取材に応じ「サッカーをしている意味は何かと考えた時、こういう決断をせざるを得なかった」などと語った。

 今季は開幕から8試合連続先発出場も、直近では3戦連続ベンチ外が続いていた。柿谷は「試合に出られない状況は自分に責任がある」と認めた上で、「このクラブで輝く姿を待ってくれてる人が少なからずいると信じているので、チームのためにできることをやって、サポーターの期待を裏切らないように、そういう気持ちがある限りやり続けたい」と決意を新たにした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス