文字サイズ

神戸MF山口蛍に古巣・C大阪サポーターが痛烈ブーイング 藤田と入れ替わりで移籍

 「明治安田生命J1、C大阪-神戸」(22日、ヤンマースタジアム長居)

 昨季C大阪で主将を務め、今季から神戸に移籍した元日本代表MF山口蛍が古巣本拠地で痛烈なブーイングを浴びた。キックオフ10分前の選手紹介で「MF5番山口蛍」とアナウンスされると、ゴール裏を中心としたサポーターは容赦のないブーイングがスタジアムを包んだ。

 一方でC大阪には山口と入れ替わるように同じ守備的MFの藤田直之が神戸から移籍。この試合はベンチスタートとなっている。

 「Jリーグ史上最上級の開幕戦」と銘打たれた19年Jリーグ開幕戦は神戸の「VIPトリオ」ことFWダビド・ビジャ、MFアンドレス・イニエスタ、FWルーカス・ポドルスキのそろい踏みもあり、注目を集めた。チケットは21日段階で完売し、当日券の販売もなし。これまでC大阪の開幕戦での最多入場者数は、元ウルグアイ代表ディエゴ・フォルランが加入した14年の3万7079人。今回、これを更新する可能性がある。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス