文字サイズ

川崎 ホームで手痛いドロー 知念の同点弾も…

 後半、川崎・知念が同点ゴールを決める(撮影・堀内翔)
 前半、ゴール前でヒートアップする蔚山イレブンをなだめる川崎・齋藤学(19)、小林悠(11)=撮影・堀内翔
 前半、先制のゴールを決めて祝福される川崎・小林(右)=撮影・堀内翔
3枚3枚

 「アジアCL・1次リーグ、川崎2-2蔚山」(23日、等々力陸上競技場)

 川崎はH組首位の蔚山と引き分けた。1次リーグ突破へ難しい状況が続いているが、後半に決めた知念の同点ゴール(レアンドロダミアンから得点者が変更)が可能性をわずかに広げる1点となった。

 前半8分にFW小林のゴールで先制したものの、18分にパク・ヨンウ、31分にジュニオール・ネグランと立て続けに決められて逆転を許した。

 後半に入っても、守備を意識した相手を崩しきれずにいたが、同37分に知念が決めて同点に追いついた。

 その後も勝利を目指したが、勝ち越しゴールは遠く、引き分けで終わった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス