文字サイズ

神戸VSバルサが正式決定 三木谷会長、監督交代には触れず

 Rakuten Cup記者発表会で話す神戸の三木谷会長(左)とバルセロナのエリック・アビダル氏
1枚拡大

 J1神戸の親会社でもある楽天は18日、東京都内で会見を開き、神戸とスペイン1部バルセロナが7月27日に神戸の本拠地ノエビアスタジアム神戸で親善試合を行うと発表した。バルセロナは同23日に埼玉スタジアムでイングランド・プレミアリーグのチェルシーとも親善試合を行う。

 会見には神戸のオーナーでもある楽天の三木谷浩史会長兼社長(54)も登壇。バルセロナを訪れ、今回の親善試合に関する正式な調印を済ませて、この日帰国したばかりの三木谷会長は「世界が注目する戦いになる」と胸を張った。だが、報道陣との質疑応答は行われず、リージョ監督との契約解除やポドルスキの主将返上など、揺れるクラブ事情に言及することはなかった。

 バルセロナとの夢対決について神戸MFイニエスタは「特別にワクワクする」とビデオメッセージを寄せた。勝算について「相手にポゼッションさせないことかな」といたずらっぽく笑った背番号8は、「僕にとって新しい体験。お祭りのような1日になる」と対戦を心待ちにした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス