文字サイズ

森保監督、東京五輪へ選手発掘に意欲的 U20代表候補合宿で熱視線

 森保監督
 取材に応じる森保監督
2枚2枚

 サッカー日本代表の森保一監督(50)が16日、千葉県内で行われたU-20代表候補合宿を視察。3日間の合宿最終日に行われた、全日本大学選抜との練習試合で、選手たちのプレーに目を光らせた。

 視察の目的については「どういう選手がいるのかというのを把握していく。また、大学生にも東京五輪世代に良い選手がいるので」。東京五輪世代の監督も兼任する指揮官にとっては、直接指導した選手もおり「自信を持ってプレーしている。そこの成長は見させてもらった」と語った。

 U-20代表は5月末にポーランドで開幕するW杯に出場。「選手が持っている武器を世界の舞台で思い切って見せてプレーして欲しい。これから日本代表として戦える選手ならば、われわれのところ(A代表)での招集も考えていきたい」と期待をかけていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス