文字サイズ

J2千葉、江尻篤彦コーチが2度目監督「サポーターの皆さんの力が必要です」呼び掛け

 J2千葉が18日、江尻篤彦コーチ(51)が新たに監督に就任すると発表した。同クラブは17日にフアン・エスナイデル前監督との契約解除を発表していた。

 江尻新監督は、千葉の前身・古河電工時代からMFとしてプレーし、Jリーグ創生期に当時の市原で活躍した。99年からクラブの育成部コーチとなり、指導者の道へ。監督としては、09年夏から10年にかけて千葉の監督を務めていた。近年では、13年~14年にコーチ、15年~16年に千葉のU-18監督、17年~19年にコーチを務めていた。

 江尻新監督は「エスナイデル監督と2年間やってきた良い部分は継承し、課題となっている部分を着実に修正し、目の前の1戦1戦を一歩ずつ選手と共に闘っていきます。その為にはサポーターの皆さんの力が必要です。ぜひスタジアムにお越しいただき、選手の後押しをお願いします」とコメントしている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス