文字サイズ

川崎が先制 新加入FWレアンドロ・ダミアンが今季日本サッカー界公式戦1号

初優勝を果たしカップを掲げ、喜ぶキャプテンの小林(前列左から4人目)ら川崎イレブン
川崎-浦和 後半、ゴールを決めたレアンドロダミアン(右から2人目)と抱き合う小林(右端)ら川崎イレブン
川崎-浦和 後半、レアンドロダミアンのゴールに沸く川崎サポーター
3枚3枚

 「富士ゼロックス・スーパー杯、川崎-浦和」(16日、埼玉スタジアム)

 川崎が後半7分、FWレアンドロ・ダミアンのゴールで先制した。これが国内サッカーの2019年シーズン公式戦全体で最初のゴールとなった。

 前半は川崎が素早いパス回し、的確な前線へのボール配給でペースをつかみ、浦和がそれを凌いで反撃を狙うという展開が続いた。0-0で前半を終えた。

 後半7分、レアンドロ・ダミアンは左サイドからのクロスを頭で落とす。このボールは味方選手はシュートにつなげられなかったが、こぼれたボールを蹴り込んでゴールに突き刺した。

 レアンドロ・ダミアンは元ブラジル代表で、年代別代表として出場したロンドン五輪では6得点を挙げ得点王に輝いた実績の持ち主。今季Jリーグで新たにプレーするようになった選手の中でも注目の1人だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス