文字サイズ

なでしこジャパン4月にドイツと対戦 W杯開幕前に敵地で強化試合

 高倉麻子監督
1枚拡大

 日本サッカー協会は25日、欧州遠征する日本女子代表(なでしこジャパン)が、4月9日にドイツ・パーダーボルンでドイツ女子代表と対戦することを発表した。

 なでしこジャパンはFIFA女子ランキング7位。ドイツ女子代表は同2位の強豪で、6月に開幕する女子W杯フランス大会に向けての強化試合になる。

 高倉麻子監督は「女子W杯優勝2回を誇る強豪ドイツとの対戦が実現したことをうれしく思います」と対戦を歓迎した。

 これまでの対戦成績は日本の1勝1分11敗。だが、唯一の勝利は、なでしこジャパンが優勝した11年の女子W杯ドイツ大会の準々決勝で挙げている。指揮官は「(11年は)ホスト国に勝って勢いがついたという印象深い試合でしたが、時を経てお互いに新しいチームになっていますので、過去にとらわれず、実力のあるチームと対戦することで1つでも多くの経験を上積みしてチームの力に変えていきたいと考えています」とW杯を見据えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス