文字サイズ

FW大迫が右臀部痛で13日オマーン戦欠場へ 前日練習を欠席 初戦で2ゴール

 オマーン戦を前に、最終調整に臨む森保監督(手前)=アブダビ(共同)
 オマーン戦に向け最終調整する(手前から)武藤、北川、三浦=アブダビ(共同)
2枚2枚

 「アジア杯・1次リーグ、日本-オマーン」(13日、アブダビ)

 2大会ぶり5度目のアジア杯優勝を目指すサッカー日本代表は12日、1次リーグの第2戦・オマーン戦に向けて試合会場で冒頭15分間をのぞく非公開練習で最終調整した。

 大会前から右臀部(でんぶ)痛を抱えるFW大迫勇也(ブレーメン)は、11日の練習に続いて欠席。GK東口順昭(G大阪)も腰痛のため前日練習を回避して、2人は宿舎内での別メニュー調整となった。現時点ではオマーン戦での勝利で決勝トーナメント進出が決まるが、初戦のトルクメニスタン戦で2ゴールを挙げたエースと、東口の欠場が決定的となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス