文字サイズ

日本初戦はアルゼンチン サッカー女子W杯抽選

 米国のエリス監督(左)とあいさつを交わす日本の高倉麻子監督(ゲッティ=共同)
1枚拡大

 サッカーの2019年女子W杯フランス大会の1次リーグ組み合わせ抽選が8日、パリで行われ、2大会ぶりの優勝を目指す日本代表「なでしこジャパン」はイングランド、スコットランド、アルゼンチンとともにD組に入った。国際サッカー連盟(FIFA)世界ランキング8位の日本は、6月10日にパリで36位のアルゼンチンとの初戦に臨む。14日にレンヌで20位のスコットランドと、19日にニースで4位のイングランドと対戦する。1次リーグは24チームが6組に分かれ、各組上位2チームと3位のうち成績上位4チームの計16チームが決勝トーナメントに進む。決勝は7月7日にリヨンで行われる。

 抽選で第2ポットの日本にとって悪くない組み合わせとなった。格付け最上位の第1ポットから選ばれたイングランドとは、直近3大会で1勝1分け1敗。前回は準決勝で2-1と勝って決勝に進み、苦手意識はない。

 アルゼンチン、スコットランドとFIFAランキングの低い相手から順に対戦する日程も理想的。高倉監督は「チームは以前に比べて経験値が少なく、本番は独特の雰囲気がある」と気を引き締めるが、順当に連勝すれば突破は決定的となる。

 D組首位を争うイングランドとは、来年2~3月に米国で開かれる国際親善大会で“前哨戦”を行う。監督は「選手は試合をやると非常に学ぶ力が強い。そこからW杯に向けて自信をつければ」と期待を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス