文字サイズ

Jリーグが湘南に制裁 制裁金は1000万円から600万円に減額

 Jリーグは12日、都内で裁定委員会を開きJ1の湘南に対して、けん責と制裁金600万円の処分を課したことを発表した。

 湘南はアウェーで行われた4月18日のルヴァン杯鳥栖戦で、プロA契約選手を4人しか先発させなかった。これが、Jリーグ規約42条の「最強のチームによる試合参加」の補足基準「プロA契約選手または外国籍選手を合計6名以上含まなければならない」を満たさなかった。

 これまでの事例なら制裁金は1000万円だった。だが、Jリーグが昨季からルヴァン杯に21歳以下の選手1人を先発出場させる規約を設けるなど、若手出場機会創出の舞台と捉えており、「(湘南は)若くていい選手を思いきって使ってきた」(原副理事長)という点を配慮。600万円に減額となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス