文字サイズ

イニエスタの年俸32億円、バルサ時代の3倍以上!J史上超破格の待遇

 三木谷会長の前で契約書にサインするイニエスタ
1枚拡大

 J1神戸は24日、都内で会見し、スペイン代表で同国1部リーグ・バルセロナを今季限りで退団するMFアンドレス・イニエスタ(34)を完全移籍で獲得したと発表した。契約期間などは非公表だが、3年半契約で年俸2500万ユーロ(約32億1000万円)とみられ、Jリーグ史上最高額となる。(金額は推定)

 イニエスタの年俸2500万ユーロ(約32億1000万円)は、Jリーグ最高額だった元ドイツ代表FWポドルスキ(神戸)、元ウルグアイ代表FWフォルラン(元C大阪)の6億円を大幅に更新し、25周年を迎えたJリーグ史上でも群を抜く破格の待遇となる。

 イニエスタのバルセロナ時代の年俸は800万ユーロ(約10億2900万円)とされており、3倍以上に跳ね上がったことになる。

 Jリーグが開示している経営情報によれば、16年度の神戸のチーム人件費は20億6800万円で、浦和の23億8100万円に次ぐ2位。ポドルスキが加入した17年度は未公開だが、イニエスタの年俸はJリーグ一クラブ分の人件費を優に超える。

 今季のプロ野球各球団の日本選手の総年俸と比較しても阪神の25億85万円を上回り、巨人の38億9195万円に匹敵する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス