文字サイズ

岩波、W杯目指す「もう一度代表に」 浦和新加入選手会見で決意

 J1浦和が新加入選手を発表。新ユニホーム姿を披露した(左から)MF荻原、MF柴戸、MF山田、DF岩波、MF武富、DF橋岡
1枚拡大

 J1浦和は11日、埼玉スタジアムで新加入選手会見を行った。神戸から移籍したリオ五輪代表DF岩波拓也(23)は浦和からW杯代表入りの夢を語った。

 槙野、阿部、マウリシオ、遠藤らセンターバックの層は厚い。「逆に安定してゲームに出られれば次のステージにいける」。激しい競争下に身を置いて、レベルアップさせる思いだ。その先に「もう一度代表に入りたいと思っている。ロシアも可能性がある限り目指したい」と訴えた。

 山道強化本部長は「2年間ラブコールを送って、来てくれてよかった。日本を引っ張る存在になってくれれば」と期待。選んだ背番号は「J1で初めて付けた」という「31」。初心に帰っての再出発で日本屈指のセンターバックを目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス